アセンション

E21 世の終わり


チャネラー: ジョン・スモールマン
2011年10月2日
訳: 野口慊三



人間とすべての被造物に対する神の愛には限界がない。そして、それは永遠であり、無差別である。神はすべての被造物を同じ強さで愛する。いわゆる罪と呼ばれるものも、神の愛に対しては何の妨げにもならない。神の愛がなければ、何ものも存在できない。したがって、神の愛を受けずに存在しているものは何もない。これが神の真実である。

それゆえ、誰かを神の愛に値しないとか、神の愛から切り離されていると批判する人は、自分自身が間違い、混乱し、幻想を抱いているのである。思い出してほしい。あなたたちが人間であるというのは幻覚である。それは悪夢である。その中では愛のない状態が常時起こっている。それは実在ではない。したがって、彼等もまた目覚めるであろう。なぜなら、すべてが神の世界に目覚めるからである。それこそが実在なのである。

現在、あなたたちの惑星地球には、神の国からの「愛」が津波のように押し寄せている。それは、あなたたちの目覚めをたすけ、保証する。いたるところに、あなたたちの目覚めが差し迫っている兆しが見てとれる。あなたたちが、それに気付かずにいることは不可能であろう。あなたたちが今という時期に生まれてきて、このファンタスチックな出来事の真っただ中にいるということを喜びなさい。

 あらゆる苦痛、悩み、葛藤、不和、不協和音、不信、失望などは終わりを迎える――永遠に。それが神の意志であり、そして、あなたたちの意志である。なぜなら、あなたたちは神と一体だからである。あなたたちの意志は神の意志と同一である。ただ、あなたたちは一時的にそれを忘れたに過ぎない。そして、その状態が終わる時は近付いている。それが「世の終わり」という言葉の意味するものなのである。

あなたたちが目覚める前には、いくらかの混乱や不安があるであろう。なぜなら、深い眠りから完全に目覚めるのは、大きな変化だからである。巨大な一歩である。それは、あなたたちが朝になって深い眠りから覚めたときに「何がどうなっているのかよくわからない」という感覚を感じるのに、いくらか似ている。

心配しなくてよい。あなたたちはもうすぐ完全に目覚める。そして、自分が本当は何であったかということに気づく。神を知り、あなたに個人的に向けられた神の愛の素晴らしさを知ることは、あなたたちにとって最高の喜びの時になるであろう。

目覚めを待つ間、あなたの光を高く掲げ続けなさい。あらゆる瞬間に愛と共感を示し、
愛がもたらす平和の中で安らぎなさい。幻想の世界の中であっても、偶然に起こることはない。すべてのことは、意図を持って起こるのであり、その意図とは、学び進化することである。それが、あなたたちがしてきたことである。あなたたちの進化の速度は、目覚めへの準備が進むにつれて急速にあがっている。そして、その時が来るまで、あがり続けるであろう。

あらゆる瞬間に、あらゆる状況に対して、心を開きなさい。あなたを包みこんでいる愛を受入れ、吸収しなさい。その愛を、あなたが交わる人と分かち合いなさい。そうすれば、その人たちもその愛に包まれ、その愛をあなたと分かち合うであろう。あなたが交わり、しかも、あなたと同じような態度で応答しない人は、恐れと苦痛に捕えられており、あなたの愛と受容を絶対的に必要としている人である。その人たちはあなたのエネルギー場に入るだけでそれを受け取るであろう。

あなたは、この愛のエネルギーの交流をするのに、何もする必要はない。ただ、攻撃や防御をしないようにしなさい。それは、あなたから出ていく愛の流れをせき止める。攻撃に対して防御をしないのは怖いことに見えるかも知れない。しかし、思い起こしなさい。攻撃は、自分の価値を信じることができない人の、愛と受容を求める絶望的な叫びなのである。

あなたは、あらゆる人に無限の価値があることを、すべての人が完全な神の被造物であることを、知っているであろう。強くありなさい。愛でありなさい。そうすれば、あなたの神への信頼が増すとともに、あなたの強さも増すであろう。あなたのエネルギー場がこれを示すであろう。それは、あなたが遭遇するあらゆる状況に平和と静けさをもたらす。あなたが出会うすべての人に慰めと心地よさをもたらす。あなたは光を高く掲げることによって神に仕えるのである。

あなたの目覚めは近付いている。あなたたちを故郷に迎え入れるための盛大な歓迎の祝宴はすでに用意されているのである。

大いなる愛をもって。サウル。




Channeler:  John Smallman
Title:  That is what is meant by “the end times”
Date:  10/02/2011 by John Smallman
Web:   http://johnsmallman.wordpress.com





inserted by FC2 system