宇宙からのメッセージ

ただ任せなさい



イエス・キリストからのメッセージ
2015年6月5日
チャネラー:ジョン・スモールマン



完全な生命、完全な目覚め、完全な意識、完全な愛であるのがあなたたちの本来の姿である。あなたたちは、そのように作られ、それは永遠に変わることがない。変えられることもない。

そして、この神の真実を、あなたたちのだれひとり、変えようとは思っていない。なぜなら、あなたたちは皆、根源なる神と一体だからである。なぜ、あなたたちが、この既に完全であるものを変えようとするであろうか。そんなことはしないし、する必要もない。

しかしながら、ほんのわずかな一瞬、「変えてみよう」という考えが浮かんだことがあった。その瞬間にイリュージョン(幻覚)の世界が生まれた。人間としてのあなたたちにとっては、思考、アイデアというものは現実ではなく、はかない、つかのまのものである。しかし、神なる存在、神の感覚的側面、あらゆる存在の根源としてのあなたたちにとっては、思考、アイデア、あるいは夢でさえも、宇宙の年齢をはるかに超える存在力を持っているのである。何ものも忘れ去られることはないのである。。

地球世界で働いたすべての覚者、神秘家、霊的指導者たちは、あなたたちに思考を制御することの重要性を教えた。神なるあなたたちは、神の創造力を持っているのであり、あなたたちの意図によって作り出されたものは永遠に子孫を生み続けるからである。

ふつうあなたたちはそのパワーを使っていない。それは、あなたたちが、自分がそのようなパワーを持っていることに気付いていないからである。しかし、いま、あなたたちは目覚めかけている。やがて、自分の神性、神との一体性に完全に気づくようになるだろう。しかし、すぐには完全な目覚めに至らないために、言わば中途半端な眠気の中で、また別のイリュージョンを作り出してしまうかも知れない。それは、あなたたちが絶対にしたくないことであろう。私たちの重要な仕事は、あなたたちが目覚めるときに、このようなことを引き起こさずに、完全に目覚めることを保証することである。

霊の領域においてあなたたちを守り導く仕事に携わっている私たちは、絶対にそうならないようにと心を決めている。このために、私たちは、絶え間なく、毎日自分の内面に入って行きなさい、と言い続けているのである。毎日、自分の内面で、そこにある「愛」を感じ、身体で触れなさい。それは、神の愛であり、自分が神と一体であることを自覚している生命の光である。それは、あなたを本当の世界に目覚めさせてくれる本当のあなた自身なのである。

そのようにしていれば、あなたたちは優しく着実に導かれ、やがて、人間として深い愛を持って生きようと考えるようになる。そして、あらゆる瞬間に、目覚めへの道の途上にあるまわりの人々を助けようとするようになる。ただの一人といえども、この目覚めへのプロセスに無縁の人はいない。なぜなら、切り離されたものは何一つ存在せず、すべては一体だからである。

しかし、多くの人はそれに気付いていない。それは、イリュージョンがあまりにも現実的であり、そのため、人々は、常にそこに意識を向けており、時たま、ほんの一瞬を除いては、自分の本当の目的が、本当の故郷に帰ること、目覚めること、であることには気づかないからである。

目覚めることは、人間にとっては、ものすごく大変なことである。あなたたちがよく知っているように、イリュージョンの中には、無数の不調和、不和、不信、誤った情報があり、あなたたちが目覚めるためには、これらのすべてが消滅しなければならない。目覚めたときには、愛しか残らない。愛以外のものはすべてイリュージョンであり、目覚めることはできないのである。

あなたたちの多くは、このイリュージョンにかかりっきりになっている。困難や、貧困、もめごと、病気、環境破壊などの問題にかかりきりになっている。そのため、自分の内面に入って行き、そこで自分自身の霊的な本性に触れ、それと一つになるための時間を用意するのは難しい。

しかし、そうではあってもなお、毎日、自分の内面に入って行く必要性があることを覚えておきなさい。内面に入って、心を鎮め、絶えまない終わりのない思考を鎮め、感情を鎮め、そのほかのすべてのざわめきを鎮め、何もせず、何も考えず、頭を空っぽにしなさい。空っぽに! その状態ではじめて、あなたは意識して、しかし、努力も緊張もせずに、あなたの求めや祈りに答える霊的な導きを受取ることができるのである。

あなたたちの祈りに答えてあなたたちを導く私たち霊界の存在は、常にあなたたちのそばに控えている。しかし、たいていの場合、不安や心配によってあなたたちの心が騒がしいために、あなたたちは私たちの声を聞くことができないのである。

心を静めなさい。穏やかになりなさい。愛情を持って、自分のすべてを許しなさい。あなたが、価値がない、間違っている、悪い、不適切、などと考えるすべてを許しなさい。そうすれば、穏やかで安らかな心が生まれ、私たちの声を聞くことができるようになるだろう。

あなたたちの多くは、きっと、心を静め、思考を停止させるのによいと言われる方法を習い練習したことがあるだろう。もしそのような方法が自分には有効だと思えるなら、それを続けるがよい。

しかし、私たちがよく見かけるところによれば、多くの人がその方法にとらわれ、うまくできたとかできないとかの評価にこだわり、そのため、あなたたちが入って行くべき心の中の場所自体が、その方法を行うということのために占領されてしまっている。

静かに座り、沈黙し、心を鎮めなさい。あなたの内面にある最高に聖なる場所に行くには、努力は要らない。それはただ、静かに「任せる」ことである。草が成長するのを眺めるように、ペンキが乾くのを待つように、静かに流れる川を見るように・・・それは努力ではなく、ただ「在る」ことである。

あなたが、内面に入ろうとする意欲を持ち、静かにして、耳を傾けるなら、私たちはそこにいてあなたを抱きしめる。私たちがそこにいることを信頼しなさい。ただ任せなさい。それは、本当は、簡単で、単純で、決して難しくはないのだ。あなたが、力むことによって、自分で難しくしない限りは!

あなたを愛する友、イエス・キリストより





Jesus: Why Would You Wish to Change Anything that is Already Eternally Perfect?

Channelled by John Smallman, June 4, 2015,
          https://johnsmallman2.wordpress.com/

Jesus posting:  John's audioreading is available here.





2015年6月9日掲載
inserted by FC2 system