宇宙からのメッセージ

すでに夜は明けている


アークトゥルスというのは、牛飼座の主星です。今頃(2月)は、真夜中を過ぎないと見えませんが、5月になると夜の九時頃東の空に見えるようになります。北斗七星の柄杓の柄をカーブに沿って3倍ぐら伸ばすとオレンジ色のアークトゥルスに届きます。それを更に同じくらい伸ばすと、白く輝く乙女座のスピカに届きます。春の星空は、明るい星が少ないので、アークトゥルスとスピカはひときわ目立ちます。そこで昔は、アークトゥルスとスピカは夫婦星(めおとぼし)と呼ばれていました。

そのアークトゥルスから来たという宇宙人のメッセージです。現代の地球の科学では、アークトゥルスから生物が地球にやってくるというようなことはありえないと思われますが、そういうことは抜きにして、メッセージを読んでみてください。このメッセージを届けてくれた存在が何者であろうと、あまり大した問題ではありません。このメッセージがあなたの心に何かを呼び覚ますとしたら・・・それが重要なことなのです。

  チャネラー: マリリン・ラファエル
  日付: 2017年2月12日
  翻訳: Dawn-Watcher



こんにちは。平和と調和を期待するあなた達の意志に反するように見える様々な出来事に直面しながら、あなたたちが勇気を失っていないことに賛辞を贈りたいと思います。あなたたちが目撃している出来事は、あなたたちが前進するために不可欠なものなのだということを疑わないでください。目覚めるどころか、自己満足の状態からちょっとだけ前進するためにさえも強力な出来事を経験する必要のある人々がたくさんいるのです。多くの人が幻想の中に捕まったままだからです。

すべての人は、その人がどんな行いをしていようと、自分を何者だと信じていようとも、本当のエッセンスは神性そのものです。地球に住んでいる人はみんな、わざと分離の感覚を体験する道を選んだのです。それは一体感をしっかりと思い出すためです。けれども、多くの転生を繰り返すうちに、分離の状態の中で道に迷い、眠りに落ち、集合意識の中に二元性と分離という3次元の信念体系を作り出してしまいました。

すべてのことをよく見て感謝しなさい。あなたたちは、集団での目覚めと古い世界の崩壊を目撃しているのです。それは、人類が望み、そして、現実化させたものです。目を閉じていた人は目を開こうとしており、すでに目を開いていた人には、もっとよく見えるようになっています。けれども、目覚めのプロセスがどうあるべきかということで、予断を持たないようにしなさい。

地球に住む人々にとって、いまというのは非常に心強い時期です。なぜなら、「別の世界」から来る光と援助がかつてないほど強力で、しかもすべての人が利用できるようになっているからです。あなたたちは、この時期を利用して、個人的に進化し、また、あなたの言葉や行動やあるいは単に光を保持することによって、他の人々を援助しようとしたのです。

ここで、もういちど、力(パワー)というものについて述べてみましょう。すべての恐怖は、何かが他の何かの上に影響を及ぼす力を持っているという信念に基づいています。それは、肉体であったり、黴菌や法律や他人や環境であったり、ときには天上からあなたを見下ろしている厳しい神様であったりします。人間にとって恐怖は自然な反応です。それは二元性と分離にどっぷりと浸されたたくさんの転生を繰り返す中で、経験によって身につけたものです。恐怖は今もなお細胞の記憶の中に残されており、それがクリアされるまでは、人生のあちこちに、はっきりした理由も原因もなしに姿を表します。

あなたたちは、新しい時代が、これから来るのではなく、すでにここに来ているのだ、ということを受け入れるべきときです。あなたたちがもしこれ以上進化しようとするなら、どれほど慣れ親しんだものであろうとも、偽りの信念体系は捨てなければなりません。それはおとなになった子供が、おもちゃを捨てるようなものです。あなたたちの進化は探し求める時代を過ぎました。あなたたちはすでに到着しているのです。

良い体験もあったし、あまり嬉しくない体験もあったでしょうが、あなたたちは,たくさんの体験学習の転生を通り抜けて、進化の旅路のもっと開けた場所に到着したのです。もしあなたが、スピリチュアルな表現として、あなた自身のパワーを現実化させようと思うなら、3次元の信念体系から脱却するべきときです。

存在するすべてはただひとつです。あなたがこのひとつをどのような名前で呼ぼうとも関係ありません。それがなんであろうとも、それひとつしか存在しないのです。したがって、このそれが唯一の法則であり、現実であり、原因であり、源であり、材料であり・・・完全であり、全体であり、それ自身であるのです。真実においては、何者もあなたの上に力を及ぼすことはできません。なぜなら、あなた自身がすでにそのひとつの姿であり、あなたがその力そのものだからです。ただし、あなたがそれを信じないということさえなければ・・・・ですが。

この意味は、あなたの上に力を及ぼすとみえる外界のすべては、幻想であるほかはないということです。幻想は心によって作られます。善と悪が存在するという二元性の観念に縛られた心の中に生じます。存在するものはひとつしかないのですから、すべての人は同じ絵を見ています。

3次元の信念体系の現れは、恐怖か幸福か、ふたつの形を取ります。よい現れも悪い現れと同じように幻想なのです。存在するものはひとつですから、それはすべての人に同じように(恐怖においても幸福においても)働きます。その人が集合意識の傘の下から出てきて、自由な道を歩み始めるまでは。

一つの力しかないというのは絶対の真実です。けれども、その意識に到達しないうちに、到達したふりをするのは危険です。交通量の多い大通りに飛び出していって「神以外に力はないのだから、誰も俺を轢き殺すことはできない」と叫んだりしないでください。なぜなら、知識によって真実を知っても、それがすぐにあなたにとっての真実になるわけではないからです。真実を知ることは第一歩です。それに続いて、練習を積み、咀嚼し、消化し、自分の意識に融合し、努力なしにその意識で生活できるほどにならなければならないのです。

自分を鞭打って、まだ力があるようにみえる恐怖に抵抗したりしないようにしてください。すべての人は、細胞の中に、過去の(過去世の)恐怖の体験の記憶を持っています。それはいま浄化されているところですが、浄化の途中で、それが不意に表面化することがあります。そのときは、パニックにならず、もとのところに押し込めたり、それから逃げたりせずに、それが通り過ぎていくのを静かに見守ってください。

一般的に言えば、恐怖、怒り、失望などの感情が現れたときは、単にそれを許容し、自分自身を愛で包み、その感情が自分自身の信念体系を深く調べる導きになっていることに気づいてください。「こんな風に感じるというのは、わたしが何を信じてているせいだろう? それは真実だろうか?」と。

ワンネス(ひとつであること)を認識する練習をはじめてください。もし、存在するものがひとつだけなら、そのひとつの外(そと)に存在するものは何もない(「外」というものは存在しないから)ということを憶えてください。ただひとつの神の意識の中には、完全、調和、平安、喜び、充足しか存在しません。なぜなら、ひとつだけで存在するものは、当然、自己充足性、自己保存性があり、それに敵対するものは・・・それが存在するとあなたが信じない限り・・・何一つ存在しないからです。

一人一人が外界にパワーを与えるのをやめると、恐れやその他のネガティブな感情は次第に消えていきます。それらの存在を支えていたのは、それが存在するという信念だけだったからです。これは、世界がすぐに自由になるという意味ではありません。けれども、あなたが自由になれば、あなたの光は自動的に集合意識の光を増加させます。なぜなら存在するものはただひとつだからです。

光というのは高い振動数の波動が目で捉えられたものです。けれども、エネルギーの波動はあらゆる振動数で感知されます。振動数の低い遅い波動は、重たく濃密なものに感じられます。そういう波動が簡単に感じられる場所があります。あなたは他の人が気づかなくても、そこへ入るとすぐに出たくなるでしょう。無条件の愛と真実の、高振動数の波動は、明るく透明な光として現れ、喜び、調和、平和として感じられます。あなたが、自分が何者であるかに気づけば気づくほど、あなたのエネルギー・フィールドは明るく精妙なものとなっていきます。

これが、天使やアセンデッド・マスターたちが光として感じられる理由です。また、聖人たちの絵で頭の周りに光の輪が描かれる理由です。それは進化した意識の高振動数のエネルギー場を表しているのです。いまこれをお話するのは、間もなくあなたたちが高い振動数のエネルギーや存在たちに触れたり見たりすることが多くなるからです。

あなたたちのエネルギーフィールドが精妙になるにつれて、高い次元の中のエネルギーの似た存在たちに同調する機会が出てきます。それらの存在たちについて、あなたたちはこれまで話を聞いたり本で読んだりするだけでした。そして、それらと自分たちは離れていて近づくこともできないものだと考えていました。あなたたちがそれらの存在に同調することができなかったあいだは、そのとおりだったのです。

環境に左右されずに真実にとどまることのできる能力は、見掛けの姿を溶かしてしまいます。あなたが感知することのできるものはすべて、実体は、ただひとつの神の意識の中にあるスピリチュアルなアイデアなのです。それ(神の意識)はいたるところに存在するので、何ものもそれから離れていることはできません。そのアイデアをどのように理解するかは、個人の意識の状態にかかっています。そして、個人の意識は、最初は単純に集合意識を反映するだけです。

神の真実は決して変化しません。神の法によって維持されています。それは単に存在するだけです。それがどのように解釈され、どのように生活に関わるかは、その人の心がどのように条件付けられ、プログラムされているかにかかっています。

たとえば、他人に対する暴力は、ほんとうは、ひとつの中のすべての存在の間にあるエネルギーの流れの低振動数の解釈に過ぎません。このエネルギーのつながりが分離の観念に強くプログラムされた心によって解釈されると、それは、低く歪み催眠術をかけられたものとなり、犯罪者はそれを無意識に解決法だと信じるのです。

進化の旅路のどこにいる人であろうと、すべての人は、平和と愛を探し求めています。なぜなら平和と愛がすべての魂の本質だからです。けれども、その平和と愛をどうやって實現しようとするかは人によって違います。殺人鬼でさえ、何らかの方法で、物事を良くしようとしているのです。

霊的な意味で強くなりたいという欲望が目覚めています。しかし、多くの人はいまだに3次元的な解決法を探しています。それは現在は仕方のないことです。なぜなら、多くの人は、「強くなる」道のほんの初心者にすぎないからです。けれども、まもなく、あなたたちは非常に忙しくなります。目覚めかけている多くの人が、あなたの知っていることを知ろうとして、あなたの光に惹かれて来るからです。

「現在の瞬間」の一つ一つに集中していなさい。外界の姿があなたの意識に入りこもうとして心のドアをノックしていても、構わずに真実につかまっていなさい。真実の光は神の法によって維持されています。それに対し、幻の世界はそれを信じる人の信念によって維持されているだけです。高い振動数は常に低い振動数を上書きして消去します。それが、あなたたちが世界の進化を支援する方法なのです。

世界の目覚めを援助する道を選んだあなたたちは、目覚めの道の先端にいるために、ときには孤独を感じたり、3次元世界だけが唯一の現実だと信じ切っている周りの人たちから、聞いてももらえず、認めてももらえないと感じているかもしれません。

そのような場合には、自分を守ろうとする誘惑を退け、単に微笑みを返し、地球の上の人生は、言葉や行動の力によって他の力を制圧するためのものではなく、唯一の力の中に目覚めるための旅なのだということを思い出しなさい。

死についてはどうでしょう。よく考える必要があります。人間は本当に死ぬことができるのだろうか? 本当に死んだ人があるのだろうか? あなたたちはみんな、地球にいる他の人たちもみんな、何百回も死にました。だから死なんてないのです。動物も同じです。彼らも進化するのですから。

もう新しい時代です。古い時代は終わりました。でも、それは、大声で叫んで蹴っ飛ばしてやらないと出ていかないのです。

見かけの姿に構わず、ありのままにありなさい。あなたがするように導かれることをしなさい。請願書に署名することであろうと、デモに参加することであろうと、単に静かに光を掲げていることであろうと・・・あなたがすることが何であろうと、それにあなたの意図を込めなさい。単に目に見える別のパワーに対抗するためではなく、他の人々が自分の内なるパワーに目覚めることを助けるためなのだという意図を込めなさい。

意図というのは精妙な、けれども強力なエネルギーです。それは、小さななことから大きなことまで、あなたがするすべての行いに含まれます。常に自分に問いなさい。「わたしの意図はなんだろう?」と。もしあなたが自分に襲いかかる力に抵抗しようとしているのなら、あなたは古いエネルギーの中にいます。もしあなたの意図が、自己の霊的な進化をすすめるためか、他の人がそうなるようにしようとしているのなら、あなたの行動は高い振動数の光によって支持されます。

どんなにつまらなく見えるものであろうと、あなたの発する言葉や行動は、あなたの意図によってエネルギーを与えられます。

その行動は他の人の目には同じようにみえるかもしれませんが、それが真理に基づき人を霊的に強化する意図から行われるなら、それは受容力のある人を誰でも高める力があるのです。

目覚めた人は道を示す人であり、あなたはその人なのです。

アークトゥルス人より。

2017年2月12日



ArcturianGroup Message viaMarilyn Raffaele, 2/12/17

Posted:  February12, 2017 bySteve Beckow

http://www.onenessofall.com



2017/2/17

inserted by FC2 system